2016年11月27日日曜日

パン・菓子工房oui プロジェクト 現場なんです。

皆さま、こんばんは。
ウィの栗林です。



スタッフルームからのぞく作業所の窓


大変ご無沙汰してしまいすいません。
工事は進んでいます。
プロジェクトも進んでいます。


あっという間に過ぎ去った11月。
物事は「現場で決まる」という訳で、色々と段取りがうまくいっていなかったことがあり、現場に足を運び、現場で話し合い、現場で調整し、現場で決める、という日々を過ごしておりました。


大工さん、業者さん、大家さん、ここむぎのメンバーなど、沢山の人に現場に足を運んでもらいました。長い話し合いにもつきあって下さって本当にありがとうございます。




当たり前のようなことなのですが、あらためて現場なんです。



新卒で入った会社が現場を持っている会社だったので、よく現場の声を聞け、と上司に叱られたことを思い出しました。
今回は調整役でありながら、施主でもあるわけで、諸々の責任も含め、気持ちを引き締め直しました。そんな訳で、ブログをどう書いていいやら悩んでいたら少し時間を置いてしまいましたが、苦労はあるけれどここで一緒に活動してくれる人たちの支えと、美味しいパンや菓子を楽しみにしてると声をかけてくださる町の人々の期待を応えるべく、益々頑張ります。




さて、町外から応援して下さっている皆さんからは、工房の全体像を見たいと言われます。
ここで一緒に活動してくれる町の人たちのことも少しずつ紹介していけたらと思っています。

気が付けばブログでも細部ばかりお伝えしていましたね。


失礼しました。


屋根も窓もつきました。



そして、そして、現場に足を運んでいる間に、11月末が来てしまいました。
寄付キャンペーンは道半ば。
既に応援メッセージとともにご寄付を下さった皆様、本当にありがとうございます。
このまま建物が完成しても機器を導入できないということにならないように、
寄付集めも引き続き頑張って参ります。


資金が集まっていないのに工事を進めたことに疑問を持っている人もいると思うので少し説明させてください。
このプロジェクトは既にフェリシモさんから300万円の支援金を頂いています。このお金は来年3月までにプロジェクトをスタートさせなければなりません。さらに、現在の被災地では家屋や公共施設など建設工事ラッシュで大工さんや業者さんのスケジュールを合わせて頂くことは大変なのが現状です。このような状況下で、今工事を進めることになった経緯があります。

どうぞよろしくお願いします。

今回は以下大きい文字にさせてもらいました。

※本プロジェクトは現在工房建設のための資金を集めています。
ご寄付のお願い詳細(PDFで開きます)



栗林

0 件のコメント:

コメントを投稿