2015年5月13日水曜日

wawawa合宿


5月9日、10日に実施した登米市と南三陸町のシングルマザーの親子の会(wawawa)の合宿(岩手県北上市)のご報告です。


1日目

今回の宿泊場所サンタハウスGETOにて、大自然の中でランチタイム。
シートを敷いて皆それぞれに作ってきた手作りお弁当を食べました。



昼食後、ママたちはしんぐるまざーず・ふぉーらむの赤石さんと情報交換、悩み相談会。



ママたち一人一人の近況報告や日頃の生活の中で生じる不安や悩みをそれぞれに聞き合い、アドバイスや共感をしてもらえました。
中には涙を流すママもいて溜めていた物を少しは吐き出せたのではないかなとも思えました。また、この会で卒業を迎えたママも新しい生活での悩みを話してくれました。

他にもいろいろな声が聞けました。

l  仕事や家事育児で息が詰まる生活を送っているママ達にとって、この会があるから救われる。
日常から唯一離れることが出来る場があることに感謝してます。
l  連休中忙しくて子供たちをどこにも連れて行ってあげられなかったので、このように子供たちを遠出させてくれる機会を作ってもらえて本当に良かった。
l  上手く皆の輪の中に入れなかった子供や、ママから全く離れることが出来なかった子供。この会で子供たち皆が仲良くなって皆で楽しく遊んでいる姿を見ると、その成長に嬉しさで胸がいっぱいになる。



  子供たちは、キッズサポートメンバーとウィのスタッフメンバーと自然の中でめいっぱい遊びました。自然の中で見つけた石や植物を用いて夜のお楽しみ演奏会に使う楽器作りをしました。



  
  夕食は大人や子供皆が協力して、食材を切ったりお肉や野菜を焼いて皆で盛り上がりました。
  子供たちはお肉よりも果物を好んで食べていました。イチゴは一番最初になくなりました。また、年齢の低い子供たちは食べる事より、遊びに夢中でBBQの最中も元気に走り回って遊んでいました。

1日目のお楽しみ「キャンプファイヤー」

子供たちが作ったカラフルなキャンドルに火を灯しながら、キッズサポートの男の子が火の精になって、火を点火してくれました。



キャンプファイヤーを囲んで昼間作った楽器を使って演奏したり、皆で歌を歌いました。そして皆で手をつないでダンスをして体を動かしました。


外は結構寒かったのですが、最後の方には体がぽかぽかに温まりました。
最後に皆でマシュッマロやフランスパンを焼いて食べました。
子供たちは初めてのキャンプファイヤーに終始興奮。結構印象に残ったのではないかと思います。




2日目。
朝食に手作りのパンケーキを皆で頬張りました。ジャムをつけたり、バターをつけたり大人たちも子供たちも朝からニコニコ良い笑顔。



サンタハウスGETOチェックアウト後、瀬見温泉に行き皆で温泉に入ってゆっくり過ごした。

キッズサポーターの二人


なかなか余裕をもって温泉に行くこともままならないママ達にとって、このように皆で一緒に、なお母と子でゆっくり温泉に入れた事で心身ともにリラックス出来ました。

その後、温泉で昼食を取り、帰宅。皆エネルギーを使い果たしたようでバスの中でママも子供たちも夢の中だった。



2014年度のこの活動は、赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」助成事業の助成を頂き開催しています。

アベ