2014年5月20日火曜日

ゆるゆる体操教室 〜南三陸じかんバージョン〜


5月16日 

新緑の南三陸町入谷へみきさんの体操教室におじゃましてきました。
南三陸町は海のイメージが強いのですが、内陸の入谷は小高い丘に田畑が広がる緑豊かな集落です。

この日の1本目は山の神平福祉仮設での体操教室。前にも参加したなー、いつだっけ?半年くらい前?道は覚えてなかったけど、入居者さんもスタッフさんも知ってる顔がちらほら。
後で記録を掘り起こしたら...びっくり、1年前でした^^;そんなに長く続けてたのね...。どうりで皆さんみきさんと打ち解けている訳だわ。

午後の体操教室はゆっくりゆっくり始まります。



皆で輪になって足の体操。足の指を広げてぐーぱーぐーぱー。



胸の前にげんこつ突き出してぐーぱーぐーぱー。



お隣さんの肩たたき、とんとんとんとんとんとん、背中を優しくさすってあげて...。



お腹いっぱいの時間に、気持ちよくて眠くって、私はあくびの連発^^;

ほんわかムードの1時間、みなさん楽しんでいました。多分、みきさんがこーんな顔しているから、それだけでほぐされちゃったんでしょう。



1年前、始めたばかりの頃は誘っても参加しなかった方も、今ではすっかり常連さんになったとか。

爽やかな緑と、皆の優しい笑顔に囲まれて、身体も心がふにゃふにゃにされちゃいました。ああ、このゆっくりな感じが「南三陸じかん」なのでしょうか...?

〜 ・ 〜・ 〜・〜・〜・ 〜・ 〜・〜・〜 ・ 〜・ 〜・〜・〜 ・ 〜・ 〜・〜・〜 ・ 〜・ 〜

 体操教室2本目は奏海の杜福祉施設の子供たちと。
支援学校が終わっておうちに帰るまでの1時間、入谷公民館でおやつ食べたり遊んだりして過ごします。
みきさんはこちらも定期的に通ってるので、子供たちともとっても仲良し。

今回は6月1日に仙台で催される「とっておきの音楽祭」に親子参加するため、ちょっとハードなダンスの練習です。
南三陸町の人ならだれでも知ってる復興応援歌「おすばでサンバ」という名曲に合わせて、リズミカルに踊ります。

あまりにも激しい動きにカメラおいつきません...(笑)




しかし、楽しくダンスの練習している子もいれば、そーでない子も。

布団出して寝てたり


押入れに潜り込んでスナイパーになりきってたり。



でも、それでいいんだそうです。大事なのは上手に踊ることじゃなくて、楽しく踊ることだから。無理に練習せずに、ぶっつけ本番でも楽しんでくれることを願って。
きっとステージ立ったらテンションあがって元気に踊っちゃうでしょう。楽しみですね(^_^)


おまけ。午後のゆるゆる時間を終えて登米への帰り道。夏みたいなもこもこ雲と広くて青い空がきれいでした。



あや