2013年10月29日火曜日

フライパンパン、本日最終日!

10月27日 南三陸町志津川中瀬町仮設住宅

台風が行った後、久々の青空。
フライパンでパン作りの最終日は去年も訪れた中瀬町です。

到着すると、愛媛の団体さんが餅つきしていました。

1年前の同じころ、ここでピザを焼いて以来。
「久しぶり!」「元気だった?」「今日もよろしくね!」と、ちょっと里帰りした気分。
お互いに話したいこと山盛りだけど、とりあえず、パンを焼いてから!

知ってる顔ばかりで教える方もリラックス♪

生地こねるのは楽しいねー。美味しくなあれ♪

今日はお母さんばかりでなく、若い女子も2名参加。
女子力アップだね^_^

集会所の中でパンを捏ね、窓の外ではお餅つき。なんかのお祭りみたいに賑やかな時間でした。「仮設住宅の暮らしは大変だけど、こうやって人が集まると元気出るね」って。
うんうん。美味しいものと元気な笑顔って最強ですね^^


外の餅つきが気になって、アシスタントAとSはそわそわ^^;


発酵待ちのお茶っこタイム。
パンの話、旅行の話、ダイエットの話...いわゆる女子会ね。
フライパンで片面焼けたら裏返しに。
熱いからフライ返しを使いましょうね...。


イングリッシュマフィン、焼きあがり!

ブルーベリージャムを挟んで♪

パンが焼けた後は、恒例の、おもてなし...!
つきたてのお餅でしっかりお昼を頂いてしまいました。
もちろん、パンも好評でした♪

お醤油と志津川の海苔をまいて、激うま!


中瀬ギャル、餅の感想を一言!愛媛の道の駅で放送しますよー。
デビューですね☆

今回のたまきさんのパン講座はこれで終了。1週間お疲れ様でした!!
教わった皆さん、だれでも簡単にできるフライパンパン、沢山の人に教えてあげてくださいね。
美味しくって楽しい、最強の組み合わせをありがとうございました^_^

あや



※この事業は、WEが提案する「広域生活圏におけるテーマ型コミュニティ育成事業」のプログラムです。本事業は「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて開催しています。

2013年10月27日日曜日

フライパン1つでパン作り♪

10 月26日 南三陸ポータルセンター

フライパンで作るパン講座で南三陸へお邪魔するようになって3回目。
今回はその5日目で、南三陸ポータルセンターにて託児付きで地域のみなさんにお集まりいただきました。
「誰でも作れるフライパン・パン!」なので、パン作り初心者さんに手ごね初心者さん、前回のベーグル講座にお越しいただいた方たちと、そのお子さんたちもお母さんと一緒にパン作りを楽しんでくださいました♪


まず初めに、WEの活動の説明、そして今回の材料の強力粉とドライイースト、そしてお土産用に〈やわらか杏仁豆腐〉をご協賛いただいた日清製粉さん、レシピとお土産用に著書をご協力いただいた、お料理教室を主宰し雑誌やテレビでもご活躍の飯田順子さんのご紹介をさせていただいて、パン作りスタート。

飯田順子先生のお料理本。
先生から参加者の皆さんに1冊ずつお土産♪

お母さんと子供さんとの二人三脚で捏ねたり分割・成形まで、とても和やかな時間です。
発酵を待つ間は、強力粉と薄力粉の違いやイングリッシュマフィンのお話をしたりしながらお茶っこ、子供さんたちは隣の託児ルームで折り紙やお絵かきを楽しみ、いよいよフライパンによるパンの焼成が始まると漂い始める香ばしいゴマの香りにみんなカセットコンロのまわりに集まってきて、自然と笑顔になります。

子供たちも真剣です。

ボウル忘れたのでフライパンでこねこね〜。

お母さんとこねこね。
お母さんとカット!
綺麗に切れました^_^


託児コーナーでは赤ちゃんの姿も。

ボランティアのお姉さんにすっかりなついちゃいました^_^

試食には、ハムを挟んだものと、グァムの友人ナホノさんから教えていただいたナスとパプリカの野菜ペーストで召し上がっていただきましたが、食欲を刺激してしまったのか(笑)各自の焼き上がったパンをその場でパクパクと食べる姿を見ていて幸せのお裾分けをいただきました(∩´∀`∩)
グァムから来て本当に良かった。



多くの方のご協力をいただき、オーブンなんかなくってもフライパン1つ手軽に出来るフライパン・パン講座を開催させていただき、本当にありがとうございました。
初日前日の試作でイーストの発酵が悪く膨らまないパンを作ってしまい、失敗生地の応用で急遽ドーナツにしたり、久しぶりの講座でお話がスムーズに出来なかったりと最初はドタバタなスタートだったものの、早いもので明日は最終日。
明日も美味しい笑顔に溢れるフライパン・パン講座をさせていただきたいと思います。


たまき



※この事業は、WEが提案する「広域生活圏におけるテーマ型コミュニティ育成事業」のプログラムです。本事業は「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて開催しています。

2013年10月26日土曜日

フライパンでパン作り、横山幼稚園跡地仮設住宅編

10月21日から始まったフライパンでパン作り教室、
10月23日は登米市にある、横山幼稚園跡地仮設住宅で行いました。

この日の参加者は5名。
よろしくお願いいたします。




去年から続いているフライパンでパン作り、
今回はコーンミールのかわりに胡麻を使ったイングリッシュマフィン。

パン生地を捏ねるのには力もコツも必要なのですが、
お母さん達はとてもお上手。
それは、“はっと(すいとん)”作りで慣れてるからなのです。



ほれぼれするような手つきで捏ねて丸めて、あっという間!
この日のお母さん達のつくった生地は、
先生のたまきさんが今までの全講座の中で一番上手と感心感激。




完成!


そして試食の後は・・・


もち!



お母さんたちごちそうになりました。

実はおもちの前にも、お漬け物数種類、栗おこわ、ふきの煮物などなど
たくさんごちそうになりました。
活動をしにいったはずが…すっかりもてなされてしまいました。



この日は写真をあまり撮っていなかったので、
他の回の写真で、パン作りがどうやって行われているか
ちらりとご紹介します。

材料は一人分ずつ小分けに

一次発酵
空気を抜いて
分割して丸めて…
二次発行
焼成
焼き上がり!


焼き上がったあとの部屋はパンのいいかおり。
みんなが笑顔になれるパン教室、もう少し続きます!




さくらだ




※この事業は、WEが提案する「広域生活圏におけるテーマ型コミュニティ育成事業」のプログラムです。本事業は「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて開催しています。

2013年10月25日金曜日

本日もパン作り。笑顔満載です♪

10月24日 南三陸町歌津中学校仮設住宅


 
たまきさんのパン講座、本日4日目でございます。
こちらのお姉さん、昨年もフライパンひとつで美味しいパン作りをやってみせましょう、と東京から足繁く通っては、南三陸町、気仙沼を飛び回っておりました。
今回はなんと移住先のグアムから!パンが大好きで、食べてる人の笑顔が大好き。遠い南の島から、大好物の笑顔を食べにやってきたのです^_^



皆さんパン作りはほぼ初めて。
パンは作るのが大変で、買うのが当たり前だと思っていました。





ホームベーカリー買おうか迷ってたけど、フライパンでできちゃうなんて!!
子供たちもパン大好きなんです、焼きたて食べさせてあげたい♪
パンを捏ねながら満面の笑顔。見ているこっちが幸せになりました^_^


発酵時間待ちのティータイム。こちらでは「お茶っこ」と言います。
お茶うけはグアム土産のググリア。かりんとうみたいで食べやすいお菓子です。


成形してフライパンで焼きます。イングリッシュマフィンは表面にコーングリッツをまぶすのですが、今回は手に入りやすい胡麻で代用。胡麻のおむすびではないのですよ、イングリッシュマフィンなのです。


ジャムやハムを挟んで。


出来上がり〜♪



今回のパンは飯田順子先生考案のイングリッシュマフィン♪
皆様のお役に立てたらと、先生から参加者へレシピ本のプレゼントがありました。


これがあれば今日のパン以外にも色々作れちゃいますね。プレゼントに一同拍手!

レシピ提供の飯田先生ありがとうございました。
粉提供の日清製粉さんありがとうございました。
グアムから出張リーダーのたまきさんありがとうございました。
参加者の皆さん、素敵な笑顔をありがとうございました。
美味しい香りと皆の笑い声に包まれた、とっても幸せな時間でした。

あや




※この事業は、WEが提案する「広域生活圏におけるテーマ型コミュニティ育成事業」のプログラムです。本事業は「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて開催しています。






2013年10月21日月曜日

今年もやってきました!フライパンでパンづくり教室

今年もやってきました!!

たまきさんのフライパンでパンづくり教室。昨年大好評だったベーグルづくりから、今年は『イングリッシュマフィン』づくりを行います。

初日は、登米市にある南方仮設住宅へ。NPO法人さくらんぼくらぶさんが実施しているお茶っこ時間にお邪魔させていただきました。




参加者のみなさんは、マイフライパンをもって集まってくださいました!

イングリッシュマフィンは酵母で発酵させて丸いパン。

バターや塩も少量で身体でやさしいパンです。


さて、「パン生地は子どものように、やさしく労わりながら」を合言葉に早速調理スタートです。







パン生地は温めて、ふっくり成長させて、

じっくり焼き上げるまではそっと見守りつづける。

世話をやきすぎない。

気になってフライパンの蓋を開けたくなるおかあさんたちにも。

そこは、たまきさんから「我慢ですよ!」の一言。



なんだか本当に子育てのようですね。



さぁーて、出来上がりはこんな感じです。




今日は、茄子とパプリカのペーストをはさんだり、ハムとマヨネーズで試食パンをいただきました。

参加者からは、お惣菜を入れて、お焼きにしてもいいね~という声があがったり、早速お家に帰ったらおとうさんにあげなきゃ、と皆さん出来上がったパンに大満足でした。


今週は、たまきさんと一緒にフライパンを持って、パンづくり教室で各地をまわっていきます。

次回の報告もこうご期待。


クリバヤシ



協賛:株式会社日清製粉グループ本社、協力:アトリエ Fave

2013年10月20日日曜日

刺繍がたのしい!

9月9日(月) 


リアンの会 今日のお題は、「花刺しでお薬手帳カバー」


っと、その前に先月のお題「ティッシュケースカバー」、お家で仕上げた作品をみんなで見せあいっこから始まりました。


並べるとアヒル顔に(^.^)

リアンの会の刺し子風刺繍シリーズは今回で4回目。

講師の山内さんの細やかな準備と丁寧な指導のおかげで、
参加者の皆さんもだんだんと自ら手が動かせるようになってきました。

好きな色を選んで、自分だけの刺繍を刺していきます。




今回は夏休みで帰省中の大学生もはじめての参加してくれました。




刺繍がどんどん楽しくなった皆さんは、自分だけのこだわり刺繍に熱中。
そうこうしていると時間はどんどん過ぎてしまい、教室時間では残念ながら仕上げることはできませんでした。。。


ということで、最後の記念撮影は前回の作品と一緒に。




来月はまた新しい刺し子風刺繍に挑戦です。


初心者も大歓迎ですので、ご興味がある方はぜひいらしてください。
次回は10月28日(月)です。


クリバヤシ