2013年8月31日土曜日

花刺しに夢中

8月26日(月)


今日のお題は、「ティッシュケースカバー」づくり。



好きな色の刺繍糸を選んで、好きな場所に「花刺し」刺繍を入れていきます。

今日で三回目ということで、参加者も少しずつ顔なじみに。

先月来れなかった方もとっても楽しみにして下さっていたようで、
朝9時半からの教室もあっというまに席が埋まりました。


講師の説明をみんな真剣に聞き入っています。


今日は、前回参加した方が娘さんと一緒に参加して下さり、
おかあさんたちから出産のこと、子育てのことなど会話が弾みました。

先輩ママたちのアドバイスは心強いですね。





それぞれの個性があふれる花刺しの作品ができました!
ティッシュケースカバー完成まで時間が足りず、次回までの宿題に。



次回(9月9日(月)9:30-)は、花刺しアレンジでお薬手帳カバーを作ります!
(ブックカバーや手帳カバーにもなるかも。)

こんな素敵なお薬手帳カバーがあれば、薬局でカバンから取り出した時には
薬剤師さんからきっと一声かけられますよね♪

初心者でも簡単にできる刺繍教室、ぜひ遊びにきてくださいね。




クリバヤシ


2013年8月11日日曜日

身体を動かしていこう♪


講師のみきさんからダンス教室日記(7月19日)が届きました。

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/


  こんにちは。
  ダンス講師の後藤みきです。
  今回は自らレポートさせて頂きます!

  
  入谷の山の神平仮設での体操講座、定期講座としては今回で4回目となりました。
  
  この日の宮城の最高気温は18℃。
  いつも入谷の澄んだ空気に心洗われますが、
   この日の風は特に気持ち良く感じました。
  
  これまでで最多の参加者数!
  初参加の方が毎回12名はいらっしゃるので
  定期的に行かせて頂いていることの効果も感じています。
  
  呼吸を意識した大きなストレッチ
   
 

  
  足指のぐーぱー体操

  


 (↑足指のチョキに挑戦中!皆さん出来ますか?)
  
  積み重ねて来たことで慣れたり、大きく動かせるようになってきた
  メニューがある一方脳トレ体操は何度やっても混乱!


 
  
  毎回混乱しちゃうけど、お互いのちょろっとした失敗や”うっかり”を
   笑い合える関係ってステキだなぁといつも思います。

  山の神平の皆さんのユーモアと優しさ
  私が見習いたいモノの1つです。
  
  前回から始めた『スーダラ節』
  すいすいすー♪

    


  振付けを覚えていてくださってた方もいて、感激!!



  
  最後はみんなで互いをたたえ合い、褒め合い、癒し合い。
  照れくさいやらなんやらで、自然と笑みがこぼれる時間です。
   

  
  
   参加者のみなさん、ありがとうございました!
  今月もまたおじゃましますので、よろしくおねがいします。


みき





※この事業は、WEが提案する「広域生活圏におけるテーマ型コミュニティ育成事業」のプログラムです。本事業は「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて開催しています。

  



2013年8月4日日曜日

九州サポーターさん大活躍



東北ウィメン応援隊~北九州GENKISから、7月と8月のエコたわし販売の報告です。

7月は北九州市の女性センターのイベント月間で、さまざまな団体の方からエコたわし販売の機会をいただきました。お買い上げいただいた方、販売させていただいた主催者の方、ありがとうございました。

712日(金)「持続可能な社会づくりピアノコンサート」 主催 北九州ESD協議会
713日(土)「音楽にのせて~ムーブな仲間たち~」 主催 ムーブな仲間たち

727日(土)「ベアテの贈り物」上映会 主催UN Women北九州

 


834日(土・日)は、「わっしょい百万夏まつり」でした。今年は市制50周年を記念して、ミッキーやミニーなどディズニーの仲間たちによるパレードもありました。メンバーの森結美子さんのご紹介で、北九州市危機管理室が設置した「被災地応援ブース」でエコたわしを販売させてもらいました。


ブースには、
・北九州市立大学の学生さんが作った三陸のイカなどを使った焼うどんとご当地のビールやサイダーの販売
・東北物産品の販売
・北九州市立大学の学生さんによる支援活動のパネル写真の展示
・チャリティーグッズ販売
がありました。

2日間にわたって、北九州GENKISのメンバー5名が交替で、エコたわしを販売しました。暑い中、立ちっぱなし、叫びっぱなしで、テントの外に立って呼び込みをした結果、100個以上売り上げました。北九州市立大学の学生さんも、私たちが出せないような大きな声で呼び込みをしてくれたり、エコたわしを買ってくれたりしました。協力に「大感謝」です。私たちも、学生さんたちが作った焼うどんをおいしくいただき、合格祈願の置き物「オクトパス」(置くとパス)や東北の物産品を買いました。


メンバーの小学校6年生の娘さんも手づくりのボードを持って、
呼び込み


 
テントから出て、小倉城を背に呼びこみ
一緒に販売した北九州市立大学の学生さんと
(みんなちょっと疲れた顔をしています)

北九州市は釜石市と姉妹都市で、震災直後から支援をしています。釜石からはゆるキャラ「かまりん」が来てくれ、集客に大活躍でした。


かまりん






















東北ウィメン応援隊~北九州GENKIS