2013年5月18日土曜日

秘密基地で作るばっけ味噌とくるみ餅


去る4月28日、南三陸のおかあさん達に教わる「ばっけ味噌作り」に参加してきました。
体験プラン第一弾です。

秘密基地?ばっけ?
このキャプションだけでもなんだかわくわくしませんか?

ばっけとは、こちらの言葉でふきのとうのことです。
味噌にふきのとうを加えて甘く仕上げたものがばっけ味噌。何につけても本当においしい!
これが基地



そして知られざる基地内部

作業の流れが説明されたあと、準備開始!
みんな手ぬぐいをかぶって、活動着(割烹着?)を着て、いつもと違う雰囲気。




スタッフの一人は温泉宿の番頭さんみたいに着慣れた感じに。
そんなにイイ?とセルフポートレイト撮影中

仙台から駆けつけてくれた近藤さんご夫婦は、何度も「似合いすぎ!すごくイイ!」を連発してました。


クルミ餅のお餅に入れるよもぎ取り。どこまで取りに行くのかと思ったら
家の目の前にいくらでも生えていた。おかあさんたちが、よもぎの美味しいところや摘み方をやさしく教えてくれます。
ほれ、ここ。え?それでいいの?
摘んだばかりのよもぎ、新芽で柔らかそう



一方では、クルミ割りが始まった。
太い丸太を輪切りにした台にクルミを置いて、金槌(ハンマー)で叩いて割る。
これが、思うように割れない!
ここをたたくっちゃ、こうしてな・・・
叩き割って殻も身も粉砕!クルミを拾う・・・の図

きれいに割れたくるみ
 

クルミのとがった方を下にして上からたたくの、と言わて試すもクルミの殻はかたーく閉じたまま。
それどころか、とがった部分が丸太の台に突き刺さり奇妙なオブジェになってしまったり。
力を入れすぎると今度は殻も中味も粉々に粉砕して四方八方に飛び散る始末。。。
見るとやるとじゃ大違い。  

だから体験。 

庭に建つ秘密基地では摘んできたよもぎがたっぷり使われたよもぎもちとばっけ味噌部隊が奮闘中。母屋では、クルミダレを作るチームがすり鉢を足でしっかりと挟んですりこ木を握りしめます。これ、かなり力がいる作業なのです。


ゆであがったよもぎを投入、少しづつ緑が濃くなっていくお餅


まだ?んだ、まだまだだ。

ばっけ味噌を焦げないように混ぜ続ける作業はシンドイ


出来は上々!笑顔がこぼれます

初めてやることばかりだから加減がどうにもわからない。
おかあさん達からは、やさしい笑顔でダメ出しが。
「んでないのよ、もっと力さこめてやんねーと。」「そんでなぐて、このようにすんだ」
ほれ、力さこめで!

時間はあっという間に過ぎていき、気が付けばおいしそうなお料理がテーブルの上にならびました。
ばっけ味噌をつけていただく手づくりこんにゃく。ふきもこのお味噌で頂きます。めずらしいシロウオの入ったお吸い物やおつけものなども出してくれて、豪華なランチになりました。


お味噌はもちろん絶品!
さらに、クルミ餅の美味なことといったら!
やわらかいお餅はよもぎの色も鮮やかにクルミダレは頑張ったかいがあって甘さもほどよく。
なんだろ?このコクのあるクリーミーな感じは!和というより洋な味わい??
まるであっさりとした生クリームみたい。
これならいくつでも食べられるんじゃないかと思うほど。



一皿に3つお餅が入った容器は次々とカラになり、満足、まんぷく。
自分達で作ったものをみんなで食べるのはほんとうにおいしい!



そしておかあさんたちとのテンポのいい会話のやりとりも和むんですよ、これがまた。
このプラン、ぜひみなさんも体験してみてください。
ばっけ味噌作り以外にもまだまだおもしろ美味しいもの、たくさんあるんじゃないかな?
発見の連続ですよ~♪
                                                   muramats-u

【第1弾】南三陸町生活文化体験講座「ばっけ味噌とくるみ餅づくり」


4月28日は、南三陸での初めてのバッケ味噌作りに参加してきました。
見上げてみれば桜もちょうど咲き始め絶好のイベント日和でした。







こういったイベントには初めての参加でしたが見るもの触るもの全てが新鮮でとても勉強になりました。









それにしてもみんなで作ってみんなで一緒に食べるということもなんて楽しい時間なんだろうと言うふうに思いました。




私の嫁も参加させていただいたのですがこんなに楽しいのはなかなか味わうことができないと目を輝かせて話しておりました。ぜひとも次もまた参加させてください。
次は何を作るのか今からワクワクしております。



仙台の近藤夫婦

2013年5月17日金曜日

ゆめんたわし、博多上陸~


4月のはじめにご紹介した「明太子のゆめんたくんエコたわし計画」覚えていますか?

FBS福岡放送の「地域密着女子部」のみなさんが宮城と博多の縁を結ぼうと発案。遠く離れた福岡県と宮城県ですが、博多名物の明太子の原料となる「たらこ」の水揚げ量は宮城が日本一という、浅からぬ縁があるのです。

編み図起こしから試し編み。スキルアップの先生に入っていただき編みやすいように改良を加えたゆめんたエコたわし。シンプルなお顔だけに似るか似ないかはパーツの位置取りにかかっています。製作を任された南三陸町歌津のおかあさんたちは試行錯誤の毎日でしたが…。

じゃーん!
ついに第一便が出荷されました。



FBSのマスコットキャラゆめんたくんは様々なグッズになっていますが、この「ゆめんたエコたわし」は取材や営業の際にお配りする謝礼品で、残念ながら一般発売はまだされていません。しかし!

福岡在住の友人がいったいどんな手を使ったのか(笑)この「ゆめんたエコたわし」をさっそく入手。写真を送ってくれました。FBS地域密着女子部のみなさんの被災地に寄せる想いが記されたカードと編み手さんの名前カードがパッケージされています。友人曰く「かわいくてとても使えない。」評判は上々のようです。ゆめんたグッズ通販ページに並ぶ日も近いかも??

FBSのアナウンサー舘恭子さんもブログでご紹介くださっています。こちらも合わせてごらんください。


(しとみ)

2013年5月12日日曜日

愛知県・稲沢リーフウォークに出展〜光のカケラPJ第1フェーズ報告Part2

 光のカケラプロジェクトin南三陸町の大きな柱の一つが「発信」。町の魅力や復興の様子を伝え、経験からくる防災の知恵を、光のパーツ「フキコ」とともに発信しています。


ECOMACOブース。フキコドレス発見!

5月11日、12日


 「南三陸町復興支援 光のカケラプロジェクト 稲沢リーフウォーク」に出展しました。稲沢リーフウォークは、名古屋からほど近いユニー(株)さんの巨大ショッピングモール。土日ともなると、近郊の家族連れのみなさんがおおぜいお買い物にいらっしゃいます。ここ中京圏は、南海トラフ地震をはじめ起こりうる災害に備えなければならない場所。でも、東日本大震災から時が経つにつれて、その記憶は急速に風化してきているそうです。このプロジェクトの協賛企業のひとつであるユニー(株)さんの思いのひとつは、ぜひ、中京圏のみなさんへの「備え」に対して被災地の方々から知恵を貸していただきたいということ。


 そうしたことから、私たちウィメンズアイは、南三陸町の女性たちとともに、防災ステージトーク、防災ワークショップ、ブース展示(写真展、防災パネル展、WEパネル展)、ぬくもり工房はじめとする南三陸町の方々の物産試食販売ブースという盛りだくさんの内容で参加しました。

 試食販売は、すべて南三陸町直送品。南三陸町生活研究グループ「ぬくもり工房」の女性たちによる手づくりアカモクこんにゃくほか、葉わさび粕漬け、「慶明丸」の塩蔵ワカメなどなど。アカモクは近年その抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待されている注目の海藻です。石泉味噌工房のお味噌や、塩麹も人気でした。
茎わかめの和え物、葉わさび漬、アカモクこんにゃく&手作り甘味噌を試食提供しました。子どもたちにこんにゃくが大人気、おかわりで3つもいっちゃう子も。ピュアな舌には自然のおいしさがわかるんでしょうね。
椎彩土さんの「椎茸かりんとう」も!

 試食販売に出品してくださっている「ぬくもり工房」のお二人には、ウィメンズアイ代表石本とともに、防災についてのステージトークに登壇いただきました。おふたりの震災時のお話、経験したからこそわかる、みなさんに伝えたい災害への備えの大切さをお話くださいました。特に、災害後に改めて購入したとおっしゃる非常袋の中身、いつもの防災訓練の時に気をつけた方がよいことなど、平時に直結する具体的なアドバイスに観客のみなさんも聞き入っておられました。

備えよう、自分と家族を守る心構え。4回、少しずつ内容を変えたお話をしました
天井近く、3階の柱に表示した青(南三陸町歌津)赤(南三陸町志津川)のラベルが、3.11の津波の高さです。災害は予期せぬ規模になる可能性があるということをみんな驚きをもって確認してくださいました。

 ブース展示では、3月31日に南三陸町で行ったワークショップや講座の記録と今の南三陸町の様子をお伝えする写真展、災害・防災に関するパネル展示、私たちウィメンズアイの活動をご紹介する展示の3コーナー。写真の前では多くの方が足を止めておられました。災害・防災に関する展示コーナーでは、自分と家族を守る備え、をテーマにした防災ミニワークショップも開催しました。

非常袋をカスタムメイドしよう、我が家に必要なものは何でしょう?
石本は最近お気に入りの「活動着」。まるであまちゃん、jjj!? 


 ECOMACOさんは、ミニファッションショーとブース展示、親子ワークショップでの参加。ワークショップ会場をのぞいてみると、南三陸町の方々から預かってきたフキコを使って、子どもたちが可愛い母の日カードを作っていました。作ってくれたおばあちゃんに見せるから写真撮らせてね、と言ったら満面の笑顔でピースをきめてくれましたよ。
WSには、P&Gさんの調香師さんも参加。作品にステキな香りをつけていきます。詩的なフレーズで香りを表現。まさに、香りの貴公子の登場に、お母さんがたもうっとりです。
ECOMACOのミニファッションショー


 2日間の出展を終えて、ぬくもり工房のお二人とともに帰路につきました。始めたばかりの加工場で作った商品の対面販売、そして、ステージトーク。良い経験ができた〜と言ってくださり、実りあるイベントになりました。6月からは、光のカケラプロジェクト、第2フェーズの始まりです。
しお